田中農園・ペトランのBlog
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
3・11から1年を迎えて

チェルノブイリの事故があった26年前に当時八郷にいた有志が作った旗だそうです。
こうして、また今これを取り出し掲げなければならない現実に悲しみを覚えます。

今日で3・11から1年。。

地震・津波などでお亡くなりになられた皆さまにご冥福をお祈り申し上げます。

そして、現在も避難生活をされている方や先の見えない現実に悩まれている方も
たくさんいらっしゃるとお聞きます。まだまだ復興には時間がかかると思いますが、
皆が明るく前を向いて暮らしていける世の中になることを心から願います。

やはり産業が再生し、経済が活性化することで暮らしは戻り、
人々の笑顔は明るいものとなると思います。

そして、まず原発を廃炉に。。

実際、私たちもこの1年は風評被害に苦しみ、現実の見えない放射能汚染と向き合って
いかなければならない現実がありました。

30ベクレル以下ですと言っても、ゼロではないという壁があります。

でも、マイナス思考で考えるより、きちんと測定した結果のもとに、
こうして畑で野菜を栽培し収穫した野菜が、お客様に販売でき、
暮らしている喜びに感謝します。

買い支えてくださるお客様との関係を大切に。。

出来ることをやる。。一歩一歩進んでいくことで何かが見えてくるようにも。

何ができるのか。。何をやらなければいけないのか。。
日々考え、前を向いて進んでいきたいと思います。

未来の子供たちのためによりよい土壌に戻すことを私たちは使命として
残りの人生をかけて考え続けなければいけません。
そして、暮らしを見直すことも。

どの時代にも戦争であったり、地震・津波など色々なことがありました。

今までだって、ゼロから色々な物を再生し、作り出してきた日本。

原発のない暮らしの中で新しい時代へ変革していきましょう!

廃炉アクション

先日行われた東海第2原発廃炉アクション。